1. ホーム
  2. 商品一覧
  3. オフィス・医療機関

メガソーラー

太陽カーポート

住宅用創蓄連携システムの特徴

朝~昼間は、太陽光と蓄電池ユニットが連携し、生活に必要な電気を安定供給。余った電気は蓄電池に充電し、晩~夜間は蓄電池の電気が使えます。太陽光で創った電気を効率よく蓄電池に蓄えるので、数日間にわたる停電時でも役立ちます。

停電時に太陽光の電気を使うには、従来はパワーコンディショナの自立運転コンセントに家電などをつなぐ必要がありました。創蓄連携システムは、新築時の設計段階で、停電時にも使用したい機器の回路設計をしておけば、いざという時に面倒なコンセントの差し替えなしで電気機器を使用できます。またコンセント式でない照明器具なども使えます。

普段は、ライフスタイルやお好みに合わせた使い方を3つのモードから選べます。

住宅用創蓄連携システムの詳細情報

 型式 OHU-48K
蓄電池容量 4.8kWh
インバーター容量 1500W
冷蔵庫・TV・照明の
同時使用時間
約5時間
電池種類 鉛バッテリー
定格入出力電圧 AC100V 単相2線
定格入出力電圧(入力は単相3線式配電盤に接続)
定格出力周波数 50 / 60 HZ
使用温度 -5~ 40℃
設置場所 直射日光の当たらない場所
外形寸法(mm) W1500×D300×H1100
(突起物を除く)
重量(kg) 約220
充電時間  約3時間
※30%放電状態からの時間