1. ホーム
  2. 蓄電池のメリット
  3. 非常用電源

節電対策

現在の余剰電力買取制度

蓄電池の容量に応じて電力を蓄えておくことができるので、 計画停電、或いは突然の停電時に電力を使用できます。 蓄電池は大まかに2つのタイプに分けられます。

【電力連携タイプ】

据え付けタイプで、電力会社や太陽光発電システムと連携させて充放電が可能です。 通常時でも非常時でも、ご家庭内の従来のコンセントから電力供給されます。 設定により、例えば深夜に充電させ昼間に放電(利用)したり、 太陽光発電分を優先して充電させ、発電しない時間帯に放電する。といったことを自動 で行えます。

【スタンドアロンタイプ】

据付け、または移動可能タイプで、他との連携がなく、蓄電池が独立しているものです。 家庭用のコンセントから充電して非常時に備えます。 放電(利用)時は、専用のコンセントから使用します。

次へ